大佐野集落の変遷

大佐野集落の変遷

大佐野集落の変遷

■大昔の大佐野
私たちの住む大佐野は、現在では大きな住宅地となっていますが、此処にいつ頃から人々が生活していたのでしょうか?
開発に伴う文化財発掘調査が度々行われた結果、約2万年前の旧石器時代から人々が活動した跡が残り、やがて、大佐野川に沿って下流から上流へと古代の「ムラ」が広がって行ったようです。
地域に残された数々の遺跡からは、はるか昔の人々が駆け巡っていた大佐野の様子が目に浮かびます。

■縄文時代
大佐野川両岸には縄文時代初めの遺跡が多く、カヤノ遺跡では無紋土器片の出土層が見つかり、縄文遺跡では太宰府で最も古いとされています。
また、脇道・京ノ尾・長ヶ坪遺跡では狩猟の罠と思われる落し穴が多く見つかっており、この一帯は縄文時代における狩りの場でもあったと考えられます。

■弥生時代前期から古墳時代中期頃
大佐野川の中流一帯に大きな「ムラ」が出来たようで、前田遺跡では弥生時代中頃と見られる竪穴・掘立柱建物跡が広場的な空間を囲む様な形で配置されていました。
さらに、殿城戸遺跡や宮ノ本遺跡でも円形竪穴住居跡が見つかっています。

■古墳時代後半、奈良時代
大佐野川を少しさかのぼった所に人々が住み始め、川の両岸にムラが広がっていきました。尾崎遺跡では竪穴住居の集落跡や木製品などが発見されています。
7世紀頃にはさらに川をさかのぼり、カヤノ遺跡一帯にムラが造られたようで、整然と並んだ大規模な掘立柱建物集落が見つかっています。
これらの構造と規模から、大宰府政庁に深く関わった官人達の住居であったかもしれません。

■平安時代以降
8世紀~9世紀には、太宰府西小学校の西側に広がる丘陵から大宰府官人の火葬墓など百基以上の墳墓が見つかり、硯や丸鞆、買地券など官人の存在を示すものが出土しています。
奈良時代以降にはカヤノ遺跡や尾崎遺跡などでは住居が無くなり、水田などとして利用されたようです。