日焼遺跡(地図⑤)

日焼遺跡の瑞花双鳥八稜鏡(左)と走獣葡萄鏡(右)(地図⑤)
日焼遺跡の瑞花双鳥八稜鏡(左)と走獣葡萄鏡(右)(地図⑤)

向佐野の市街地を望む丘陵地に位置し、古墳時代の遺跡、奈良・平安時代の墓、中世~江戸時代の集落など、縄文時代から近代に至る様々な遺跡が確認されています。
古墳時代には須恵器の窯が築かれ、奈良時代まで生産されました。
また、古代の墳墓から瑞花双鳥八稜鏡・走獣葡萄鏡などの副葬品が出土しています。