尾崎遺跡(地図⑧)

尾崎遺跡第一次調査全景
尾崎遺跡木製扉板

弥生時代の住居跡、古墳時代の住居跡、掘立柱建物跡、3本の大きな溝(幅6~8m)跡などが見つかっています。
また、周辺は大佐野川沿いの水が集まる地点であったため、様々な時代の河川跡も発見されており、杭・板材・槌などの木製品を貯蔵していた遺構も見つかりました。
その他、川岸に作られた施設跡からは木製扉板4枚が出土しており、倉庫などの扉に使われていたものを再利用したものと考えられます。